飲料水として水道水はそのまま飲んで大丈夫なの?

水道水はそのまま飲んでも大丈夫なのか

蛇口の水はそのまま飲めるのか

普段の生活に欠くことのできない水。もっとも手軽に飲める水道水は、飲料水としてそのまま飲んでも大丈夫なのか少し不安を覚えます。日本の水道水は、高い安全基準で検査されているので、雑菌や毒物などは含まれていないと思いますが、不安を感じるニュースを耳にすることもあります。雑菌や毒物が含まれないとしても、あのカルキ臭は頂けません。とても美味しいとは思えませんし、体にも悪そうです。

各家庭に安全な水道水を供給するために使用されている塩素が役目を終えて、残留塩素となり残っています。残留塩素は、発がん性物質である「トリハロメタン」が発生する原因として知られています。怖いですね!

子どもを持つ親としては特に心配です。私は子どもがアトピーなのですが、喘息にも良いからとプールに通わせています。そのプールの塩素がアトピーの敏感肌には刺激となり肌がカサカサとなりました。その後、そのプールでは水質改善が行われ塩素が少なくなったのですが、肌のカサカサも無くなりました。

では、毎日飲む水はどうすれば良いのでしょうか。一番簡単なのは「浄水器」を付けることだと思います。お風呂やシャワーの水も心配なら、家中の水を浄水できる「セントラル浄水器」なる優れものもあります。その他にも浄水器には色々な種類があるようで、目的に合わせて選ぶと失敗がなさそうです。「浄水器の比較や選び方」が参考になります。

このサイトでは、毎日飲む水を美味しく安心して飲めるための情報を紹介していきたいと思います。

水道水を子どもに飲ませて大丈夫?

大切な子どもに使用する水に対しても注意したいものです。水道水をそのまま子どもの飲み水に使用してもいいか悩みどころです。

水道水には、塩素をはじめとする有害物質などが多く含まれていますからよくありません。大人が飲んでも問題はありませんが、子どもの体は非常にデリケートなものです。もちろん塩素消毒していることで、衛生面などでは優れている水ではあります。しかし、人間の都合のためにいわば加工された水である水道水は、子どもの体に必ずしも適しているとはいえないのです。

カルシウムやマグネシウムといったミネラルは、子どもの体には大きな負担になり、尿結石になる原因とされています。これは赤ちゃんも同じで、水道水を使ってそのままミルクを作って与えても問題ないとはされていますが、やはり下痢などの症状を起こす恐れがあります。このように、水道水でなくてもミネラルを多く含むいわゆる硬水は、子どもにはよくありません。

それでは軟水ならどの水でも大丈夫かというと、一概にそれも言えません。というのも軟水でもいわゆるアルカリイオンの水の場合、アルカリ性だとやはり尿結石を起こす恐れがあるからです。そのため、ウォーターサーバーの水を子どもにも飲ませようとお考えの人は、pHが7の中性の軟水のものを選ぶ必要があります。このような水は、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

産まれたお子さんが、生後100日にお祝いとして一生食べ物に困らないようにお食い初めという儀式をします。この時期のお子さんは顔つきもどんどん変わっていきますしあっという間に成長してしまうので記念日ごとに思い出を残す家庭がとても多いですね。自分たちで撮影してもいいのですが、やはりお洒落なスタジオで腕のいいカメラマンに撮ってもらった方がとても綺麗に仕上がるのでおすすめです。

大田区フォトスタジオでお食い初めフォトを撮影したい